どうしてわきが臭くなる?

特に夏になると気になる、わきのニオイ。ぷーんと漂う汗のニオイは、本人にとって気にすることがなくても、他人からしてみればとんでもなく嫌なもの。同じ空気を吸いたくないと、そそくさと移動…なんてされてしまいます。それだけ、ワキから漂うニオイは人を不快にさせて、近寄らせなくする効果があるのです。もちろん、それはワキだけでなく体全体、どこから出ても同じように嫌がられます。

とはいえ、同じ汗をかいている人でも、ニオイがそんなに発生しない人もいます。これは一体どういう違いがあるのでしょうか?

それは、汗をかいたらすぐにふき取っているかどうかの違いです。汗くさい…といっても、汗自体にニオイがついているのではなく、汗を放置しておくことで嫌なニオイを発生させているのです。
汗をそのまま放置しておくと、そこにある皮脂とともに空気にさらされて酸化します。それが細菌によって分解されるとニオイが発生するのです。この細菌によって分解されるニオイを分解臭、汗に含まれる成分が変化することを酸化臭と呼んでいます。

また、ワキの場合は、汗が衣類に染み込みコリネバクテリウムというものを繁殖させることになります。ワキガ臭とよばれるものは、ワキからよりも衣類に染み込みこむことでニオイが強くなっている…ともいわれているのです。

具体的な解決法

ニオイの発生を予防する一番の方法は、こまめに汗を拭いて清潔にしておくことです。そのための入浴はとても大事。殺菌成分の入ったボディソープや石けんなどできれいに洗い、ニオイが発生しないようにしておきましょう。

こまめに洗浄する以外にも、制汗剤の使用なども効果的。制汗剤といってもローションタイプやロールオン、スプレー、シートとさまざまですから、シーンによって使い分けるといいでしょう。朝のお出かけ前に、仕事で外から帰ってきたら…と、汗をかきそうな行動をする前や後に使います。

また、制汗剤を使わなくても、清潔なタオルで汗を拭きとるのも有効です。制汗剤を使用すると肌が荒れる…といった肌トラブルが気になる人は、無理せずタオルでこまめにふくようにするといいです。その際、中途半端に終わると残った部分で汗が発生してしまいますので、しっかりと拭き取るようにしましょう。

他にも、衣類も通気性の良いものにする、ワキ脱毛をしておく、冷感性の商品を使うのも体臭予防策となります。さまざまな予防策がありますので、ライフスタイルや肌質に合わせてうまく使っていくと、ニオイも気にならなくなります。